HOME > 葉酸について > 葉酸とは

葉酸とは

葉酸とはビタミンB群の一種です。水溶性ビタミンで体の代謝に関係しています。
元々はホウレンソウの葉に含まれる事から発見された成分で、今では胎児の成長に欠かせない栄養素として、妊娠中の方が積極的に摂取している栄養素として知られています。アミノ酸や核酸の代謝に利用されており、胎児の細胞分裂を健全に行なうために欠かせません。貧血とも関係があり全ての人が摂取したい成分です。

妊婦に欠かせない葉酸

厚生労働省でも妊娠中の方は葉酸を積極的に摂取したほうが良いとされており、今では妊娠中の方が必要とする栄養素として広く知られるようになりました。アミノ酸や核酸の代謝に必要で、新しく細胞が作られるときに関係しています。核酸は遺伝子の事で細胞を正しく伝えるために重要です。胎児の成長時に葉酸が不足すると、二分脊椎症などの障害を生むとされています。

このページのトップに戻る