HOME > 効果と副作用 > 妊娠中の方にも

妊娠中の方にも

妊娠がわかったら一日0.4rの葉酸を摂取することが進められています。妊娠初期の頃は胎児の障害を防ぐため、妊娠中期から後期も胎児の発育のために摂取しましょう。葉酸は遺伝子情報を正しく伝えたり、体を作るたんぱく質の代謝には不可欠です。また、妊娠中は胎児に栄養を取られてしまうため、妊婦の貧血を防ぐ意味でも葉酸は役立ちます。

妊娠中の葉酸の副作用

妊娠中は胎児の成長に多くの葉酸が必要となるため、副作用は特に考える必要はありません。ただし、サプリメントで摂取する場合は、化学合成された葉酸は避けたほうが良いでしょう。オーストラリア・アデレード大学の研究結果では、化学合成された葉酸の過剰摂取により、生まれてきた子供の喘息リスクが高まるとされています。

このページのトップに戻る