HOME > 効果と副作用 > 授乳中の方にも

授乳中の方にも

授乳期も葉酸をしっかりと摂取しましょう。葉酸はビタミンの一種で、胎児の障害を防ぐだけではないのです。全ての人に必要なビタミンで、授乳中に摂取すると母乳から赤ちゃんに成分が伝わります。葉酸は赤血球を作る材料で、細胞分裂にも必要な成分のため赤ちゃんにも必要な栄養素です。授乳中のお母さんの貧血を防ぐためにも摂取をおススメします。

授乳中の葉酸の副作用

授乳中も多くの葉酸が必要となるため、特に副作用は気にする必要はありません。ただし、妊娠中と同様にサプリメントで摂取する場合は、母乳から赤ちゃんにも栄養が伝わるため合成成分は避けたほうが良いでしょう。授乳中は妊娠中ほど摂取量は多くないため、バランスの良い食事で十分得られます。食品にはビタミン以外にもたくさんの栄養素が含まれ、相乗効果によって赤ちゃんの成長にも役立ちます。お母さんが好き嫌い無く、何でも良く食べることです。

このページのトップに戻る